病院・クリニックに行きますと、玄関でふと疑問に思うことがあります。

スリッパです。

院内も土足の所もあれば、スリッパの所もあります。あの違いは何なんだろう?
概ね大きい病院は土足で、個人の診療所はスリッパが多いですね。
最近は、個人の診療所でも開院時やリニューアル時に「土足にするかどうかかなり迷われる」という話を聞きます。クリニック開院開業の建築設計から考えなければいけないテーマですね。さて、どちらがよいでのでしょうか。それぞれのメリット・デメリットを見ていきたいと思います。

~土足派~

  icon-thumbs-o-up メリット

< icon-male 患者の立場から>いちいちスリッパに履き替える必要がございませんので、楽ですし、高齢者にとって靴の履き替えは結構な負担ですので、その点が一番のメリットです。また、高齢者や車いす患者は履き替えには時間がかかりますので、玄関口の混雑もありません。

  icon-thumbs-o-down デメリット

< icon-hospital クリニックの立場から>院内に埃や土泥が入り込みますので、定期的かつ細やかな清掃が必要です。雨の日は汚れがひどくなったり、滑りやすくなります。建築設計時に床材にも工夫が必要です。クリニックスタッフは清掃・除菌に、よりいっそう気を使わなければなりません。

  icon-lightbulb-o デメリットの解決法は?

基本、とにかく院内の清掃を心掛けることになります。清掃の負担を軽減するために、クリニック設計時に外から玄関まわりまでの導線を考慮し、エリア別に機能性マット(粗い土砂落とし→除塵→吸水)を配置することで、院内への土砂をシャットアウトさせることができます。

~スリッパ派~

 icon-thumbs-o-up メリット

< icon-male 患者の立場から
診療所では待ち時間が長時間にわたることが多く、締め付けられた靴をはいたままより、よりゆったりとしたスリッパの方が負担が少ないということがあります。
< icon-hospital クリニックの立場から
院内に埃や土泥が直接入り込まないので、清掃の負担が軽いです。

 icon-thumbs-o-down デメリット

< icon-male 患者の立場から
“スリッパ=汚いというイメージがある”、”他の患者が触れて使ったスリッパを履きたくない”といった衛生面への不安があります。
< icon-hospital クリニックの立場から
建築設計時にスリッパに履き替えるスペースを確保する必要があります。建築面積的に制約がある際は、他スペースが圧迫されることもあります。

  icon-lightbulb-o デメリットの解決法は?

スリッパ管理に除菌殺菌機能をもったラック(スリッパディスペンサー)を採用するか、耐次亜塩素酸仕様のスリッパを使用し定期的に消毒し、衛生管理をきちんと行っていることを患者へアピールすることにより、不安は払拭され、クリニックのイメージアップにもなります!

洗える抗菌・耐アルコール・耐次亜塩素酸仕様スリッパ

耐次亜塩素酸仕様スリッパ

医療機関に最適!抗菌加工で塩素系漂白剤にもつけおきOK!簡単メンテナンス

スリッパ殺菌ディスペンサー

 

スリッパ殺菌ディスペンサー

 

 

以上、土足もスリッパもどちらも一長一短ですが、あくまで”患者ファースト“で考えるのか、そうは言っても、スタッフへの負担も考慮し、クリニック運営をスムースに行えることを前提に考えるのか、によって意見が分かれる所ですね。

尚、ご紹介した解決アイテムは無料カタログでチェックしてみてください↓