クリニックに人気の医師用椅子ドクターチェアはこの2つ

クリニックに人気の医師用椅子ドクターチェアはこの2つ

ドクター自身の疲労負担軽減は毎日座る椅子から。

勤務医時代と開業医で異なるドクターの動き

勤務医時代
これからご開業されますドクター皆様は、今まで大学病院や総合病院勤務のケースが多いかと思います。そうしますと、病棟に行ったり、診察室・治療室へ行ったり来たりで、何かと院内を移動する機会も多くあったかと思います。ある意味いい運動になってよいかと思います。
開業医となると
ところが、ご自身の診療所を開業されてからは、勤務医時代にはなかった日々の様々な業務も加わり、朝から晩までお一人で診察をせざるを得ない状態で、診察室で一日中座りっぱなしということも増えてくるようになります。 そうなりますと、患者様のみならず、ドクター自身のお身体にかかる負担も増えていきます。
椅子の役割=疲労軽減も
とりわけ座りっぱなしの時間が一番多くなるようであれば、その身体を支える「椅子」は非常に重要な役割をもちます。毎日長時間座る椅子ですので、可能な限り疲労負担を軽減できるものをお選びになることをお勧めいたします。実はドクターには、一般オフィス向けとは違って、ドクター向けの椅子があるのです。

ドクター自身の疲労負担を軽減!医師用椅子ドクターチェア2選

ご開業に役立つアイテム満載『無料カタログ』のお申込みお待ちしてます

ドクターの診察時に最適な機能性をもつ椅子 シルフィー

カラダを包み込む「バックカーブアジャスト機能」

成人男女100名の腰まわりの形状を計測した結果、図のように個人差があることがわかりました。自分の身体にぴったりな背もたれ形状でぴったり

カラダの大きな人と小さな人では好みの背もたれの形状が異なります。背の両サイドにあるレバーで、背もたれのカーブを2段階で変え、座る人にフィット

前掲機能付き背座シンクロリクライニング

この椅子の最大の特徴です!他にはないこの機能が欲しくて購入する方が多くいらっしゃいます!非常に珍しい機能

普通のオフィスチェアは、どれも後傾きタイプですが、こちらの椅子は従来の直立から後傾までの背座シンクロリクライニングに加え、PC作業・筆記作業・絵を描く姿勢等の前掲姿勢をサポートする「前掲ポジション」取ることを可能にしました。

前掲ポジション

たった10°、されど10°

前方へ10°たおして前掲姿勢を安定してキープ。普通の直立とは全く違います。しっかりと支えてくれる安心感があり、作業に集中できます。

ドクターの場合、患者様と向き合っての診察時の前傾姿勢をサポート

ドクターは、身体所見で、この前かがみの姿勢多いですよね。腹部が圧迫されたり、腰への負担がかかってます。

(前掲ポジション効果)座面を前掲させ少し上げると、おなかの圧迫が解消されます。骨盤が起きて背骨のS字が保たれ、腰の負担が軽減されます。

張地は、耐アルコール・耐次亜塩素酸仕様

もちろん張地は、 耐アルコール・耐次亜塩素酸仕様。
消毒しても生地が劣化しにくいので、日々の衛生メンテンナスも楽チン。

オカムラ シルフィー ローバック/ハイバック・肘付/肘無し・カラバリ6色  71940円~


ご開業に役立つアイテム満載『無料カタログ』のお申込みお待ちしてます

女性医師におすすめ!女性のために考え抜かれた体に優しいチェア カシコ

意識せず自然に女性の体にフィットする、「女性のためのチェア」です。

従来のチェアでは、平均的な体型の男性が座って心地よいサイズを基に開発されることがほとんどでした。女性の筋力や骨盤に合わせた形状や機能を持ち、女性の身体的・精神的負担を軽減するチェア。女性スタッフが中心となって開発しこのコンセプトを実現させました。

平成24年度人間工学グッドプラクティス賞優秀賞、『2007年度グッドデザイン賞』も受賞

女性の骨盤形状に合った、深めのシート構造

座面は女性の骨盤の形状に合わせてくぼみが深くなっています。フィット感がよいので長い時間座っても快適です!

女性の骨格の特徴から考える

男性と女性で根本的に違うところ、それは骨格です。
座った姿勢では、女性の骨盤の方が下方に厚みがある形状のため、平らな座面に座り続けると痛みを感じやすいのです。

そこで、女性のためのカシコチェアは、女性の骨盤に合わせて、座面のくぼみを深くし、しっかりとフィットして座れるようにしました。普段はあまり気にしないようなことかもしれませんが、この小さい配慮が、長時間のオフィスワークに大きな効果を生むのです。

ほとんどの女性が悩む「足のむくみ」対策に、とことん向き合ったチェア!

この椅子の最大の特徴です!
座面の前部分が折れることで、大腿部の圧迫感をなくし、むくみを軽減させます。

太もも裏の圧迫を軽減する「サーキュシート」という発明

夕方になると疲れが足にきますよね。男女の差が最も顕著に現れるのが、脚の疲労感とむくみ方です。血液の循環を促進するふくらはぎの筋肉が男性に比べて少なかったり、体内水分量が多いなどの原因で、 女性の足はむくみやすいのが現実。

そこで、「サーキュシート」という発明。座面中央部から先が下に折れる。
たったそれだけのことですが、太もも裏の圧迫を軽減し、結果として足がむくみにくくなります。

実験の結果、着座して約1時間後の平均値では、従来品よりカシコチェアのほうがむくみ変化率が約40%も減少!(イトーキ調べ)脚がすっと楽になる開放感で効果を体感いただけます。

女性の背筋力に合わせ姿勢をのばしていても背中を支える「ブレスバック機構」

なめらかなラインは、長時間にわたるオフィスワークでの直立姿勢を支えてくれます。

まっすぐ座っても背もたれが背骨の曲線にフィットする

男性と女性とでは、筋肉の量も、つき方も違います。楽な姿勢でありながら、カラダ全体をしっかりと支えてくれるものをカラダは求めています。女性は男性より筋力が少ない分、深く後傾すると起き上がりにくい。よって、背もたれを使わずに自力で直立姿勢をとっている女性が多く、疲れやすいのです。

そこで、直立時でも背中を支える「ブレスバック機構」を採用。直立姿勢を支えるポジションから、女性が楽に上体を起こせる6°までの傾斜とし、その角度にあわせて腰の支えも変化します。まっすぐ座っても、後傾しても、背もたれが女性の背骨の曲線にフィットするのでカラダ全体がしっかり支えられ、きちんとした美しい姿勢をとりやすく、かつ腰部の負担を和らげます。

足の並び。背後からの目線。座り姿を美しく見せる、女性目線の考え方

何気に見られてるというストレスって大きいですよね。

背後からの視線に配慮した背もたれの形状と、力を入れずに自然と膝が揃いやすくなるデザイン

座っているとインナーが出ちゃう・・・足下が前から見えてしまうのは気になる・・・背もたれにもたれるのは気が引ける・・・。など、半数以上の女性が職場における自分の姿勢に対して、高い意識を持っています。仕事をしながらも、常に周囲に気を配るという意識からくる緊張感が、疲れやストレスの原因になっていると言えます。

膝を閉じたままの姿勢でいるのにも、意外と力を使いますよね。座席の先は緩やかなカーブを描き、力を使わず、自然に膝が揃いやすくなるという画期的なデザインです。

また、背もたれは、背後からの視線に配慮を施した形状。特徴的なデザインの背もたれのおかげで、腰~お尻周りの体のラインや着衣の乱れなど、背後からの視線をぐっと遮ってくれます。

張地は、耐アルコール・耐次亜塩素酸仕様

クリニック様ならではの張地仕様で、消毒しても生地が劣化しにくいです。

イトーキ カシコチェア  耐アルコール・耐次亜塩素酸仕様  オフホワイト/コーラル ピンク 肘付/肘無 78100円~

あとがき

衛生面の観点から張地に気をつけなけばならないのはもちろんですが、ドクターの負担軽減も治療の精度を高めることにつながりますよね

アスクルカタログ
アスクル総合カタログ
アスクル医療機関向けカタログ
医療機関向けカタログ

クリニック開院準備に役立つカタログ

  • 診療所開設に必要な家具備品・消耗品・医療機器・ウエア
  • ご登録後、ご開院準備に役立つ無料カタログをお届け!
  • 全国の医療機関にてご利用されてます!
  • 下記フォームまたはお電話で受け付けしております。
開院前クリニック専用アスクル登録窓口電話