今回は、家具の組立設置についてお話しします。
各メーカーのオフィス家具カタログに載っている画像には、机やイスや書庫などがきれいに並べてありますよね。
あれって、組立後の画像なんです。
ん?、何が言いたいのかといいますと、

カタログの商品価格は、あれは、部材部品のみの価格なんです。

はい、基本、お客様が組立しないといけないんですね。ご自分で組立ができれば商品代だけで済みますが、
ほとんどのお客様は組立のプロではありませんから、知識もなし、工具もない、かなり困難を要します。
そこで、家具メーカーは、組立費や搬入費や設置費を別途頂戴して、プロの施工をご提供しています。
昨今、何がコストがかかるって、お判りかと思いますが、ずばり「人件費」です。
パソコンが壊れたときの修理代が高いのを経験された方は多いと思います。新品を買った方が安いってケースが結構ありますよね。
あれも人件費がその1台の修理にまるまるのっちゃうからなんですね。
家具の施工も同じです。
お客様の所に訪問し、搬入し、組み立てて、設置し、ゴミ残材(梱包ダンボール)も引き上げ処分する。また大きいものですと、一人ではできませんので、2人の作業となります。
普通にざっくり人件費(人の頭数)だけで計算しても、時間にもよりますが、1~1.5万/人×2人=2~3万円程の計算ができます。

さて、アスクルも家具の組立設置を行います。

しかし、その料金体系はちょっと違います。

人件費(人の頭数)ではなくて、商品代それぞれに組立費を設定(カタログ掲載)してあります。しかも、めちゃめちゃ安い!
大型のもので2人で搬入組立設置しても、数千円で済んでしまうものもたくさんあります。中には組立費数百円のものもあります。
工具も持ってるし、お客様自身でも組立できるけど、この安さで、時間とプロの組立設置を得られるならと依頼されるお客様も多数いらっしゃいます。
お客様ご自身で組立をされる場合、同梱の説明書を見ながら組立をすることになりますが、もっぱら慣れていないので、カタログ掲載の組立想定時間以上に結構時間がかかります。同じ物を何台も組み立てていくのであれば、複数台こなしていくうちにスピードは上がっていきますが、それでも、時間はかかります。
また、意外と大変なのが、残材です。家具を梱包しているダンボールや発泡スチロール等が結構な量でます。これを処分するのがこれまた面倒。

以上ひっくるめてアスクルは超低料金で搬入組立設置残材処理までやってます。

これほんとすごいです。
試しに家具メーカーへ搬入組立設置残材処理の見積をとってみれば、驚くほど料金が違うことが分かりますよ。

まずは、アスクルのカタログ請求を!