文具メーカーや文具問屋のカタログって見た事ありますか?

高いですよね。それもそのはず、あれ、全てメーカー定価表示なんです。

アスクルのカタログを見たことがありますか?

安いですよね。それもそのはず、あれ、値引き後の実売価格表示なんです。

もともと、文具業界は定価表示のカタログを顧客に配布し、顧客や購入数量に応じて値引き率を自由自在に決めていたんですよね。たくさん買ってくれるお客様には大きい値引きで、そうでないお客様には定価や少しの値引きなど。都度問い合わせをしないといけなくて面倒くさい。

アスクルはどんなお客様にもワンプライスでご提供。わかりやすいですよね。

お客様からみると、いくらなのかわからない定価表記のメーカーカタログより、実売価格がはっきりのってるカタログの方を自然と選んでしまうんですよね。

法人様によっては大量購入の場合、メーカーカタログからの文具店の特別値引きの方が安いかもしれませんね。(但し、よほどの数量購入前提となりますが…)